FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Category [背徳の女シリーズ(不定期連載中) ] 記事一覧

背徳の女〜調教代理店の御主人様〜FINAL

織部に首筋を触れられた時・・・、つくしは咄嗟でその手をはね除けた。 つくしの首に有る固い異物を、織部は知ってしまった。「牧野さん、まさかこんなの」あたしはの大きな瞳からは、涙があふれてガタガタ震えてる。「あたしは織部君が、考えてるような女ではないの」「牧野?」「ふしだらな女なの」「牧野がふしだらな訳ないだろ」 あいつに蹂躙されてなければ、あたしは織部君と普通の恋にときめいていた。 でもあたしはもう、...

背徳の女〜調教代理店の御主人様〜16

短めなお話で、前の続きから時間が経過していてすみません。 椿お姉さんは、あたしがバレないようにリネン袋に詰め込んでくれた。 台車を使って、お姉さんの車に運ばれる。 久々の都心の空気で、アパート近くにあるお姉さんの知り合い名義のマンションへ匿ってくれる事になった。 万が一の事も有り、SPの女性が一緒。 織部君とも連絡が通じて、迎えに来てくれた。 久々のデートで、何時もの空気に落ち着いてくる。 自由を満喫...

背徳の女〜調教代理店の御主人様〜14

「も・・・もぅ。離して・・苦しいっ」 首輪が挟まる度、息をするのも大変なのに。「それは出来ねえ。離れて苦しむのは、もう気が狂いそうだ」 あたしは道明寺に抱え込まれ、なだらかな小ぶりの胸元を大事そうに撫で双丘に手を這わせてる。 諦めがちなあたしの表情に、道明寺は泣きそうな顔になっている。「オレは牧野を手離す事だけは、出来ねえ」「あたしは、束縛されたくないの」 道明寺はスマホの着信に舌打ちしながらも、寝室...

背徳の女〜調教代理店の御曹司様〜13

気を失った後も、道明寺はあたしを手放そうとしなかった。 あたしの顔を撫でたり、首筋や胸やらに迄所有印を付けたりと常軌を逸していた。 下の割れ目からは精液と蜜が混じったのが、溢れてそれを指で拭ってはあたしの口に含ませたり。 あたしはもう動かそうにも、身体が重くて気怠さから抜け切れなくて。 暫く目を閉じていたが、何だか首がぎすぎすする。 違う・・・首が締め付けられてる。 あたしは周りを見回すと、道明寺の大き...

背徳の女〜調教代理店の御曹司様〜12

あたしの身体からは、自分の拒絶とは逆に溢れ出している。 道明寺に開発された忌まわしい身体。 指一つ辿るだけで、あたしは変わってしまう。 そもそもストーキングが酷くて、あたしは道明寺とは遥か昔に別れた。 司法も入ったし、道明寺の家族も承知してたから。 今更だし、もう道明寺に振り回される人生はゴメンなの。 ストーキングが治らないなら、アメリカの更正施設なりで入って出て来ないで欲しい。 女性ならあたしじゃなく...

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア