FC2ブログ
「ねぇ、ここに来たのっていつだったっけ。」

「おまえが年長の時じゃね。」

「家族旅行だったはずなのに、司もいたんだよね。なんでだろ?」

「なっ、おまえ覚えてねーの?つくしが俺と一緒じゃないと行かないってゴネたんだろ。」

「そうだったっけ?」


✳︎✳︎✳︎


「つかさぁ〜、うみいこうっ!」
>
「しゃーねーなー。きがえていくぞ。」

「やったぁ〜!!ママ、みずぎどこ?」

料理人の牧野の家族旅行に一緒に行く事になったオレ。
つくしがどうしてもオレと一緒じゃなきゃ嫌…って言うから仕方なくだぜ。


ホテルに着くなり、海に行きたいと言うので付き合ってやることにした。
さすがに、オレは1年生、つくしは幼稚園年長だから2人だけは無理なので、オレのSPに付き添わせた。


砂浜を見るなり走り出したつくし。

「つかさ〜、はやくはやく。」

「そんなにはしったらコケるぞっ。」

「だいじょうぶだ・・・わわっ。」

やっぱりコケたじゃねーかよ。

「だいじょぶか・・・ぷっ。」

どうやってコケたらそうなるのか、顔中砂まみれだ。

「わらわないでよっ!」

「ほら、すなとってやるからめぇつぶれ。」

手で顔を払ってやる。

「かおあらうか?」

「いい。うみにはいるから。」


海に入るって言ったのに、波打ち際で座ってるだけ。

「つくし、こわいのか?」

「だって、かおがぬれるのいやだもん。」

「うきわとってこいよ。オレがひっぱってやる。それならこわくないだろ。」

「うんっ。」

浮き輪に入ったつくしと一緒に波に揺られながら遊ぶ。

「つかさおよげるなんてすごいね〜!」

「これぐらいあたりまえだよ。たのしいか?」

「うん。ありがとう、つかさ。」


しばらく海で遊んで、今度は砂浜でトンネルを作ったりしてると、つくしの母親が迎えに来た。

「楽しかった?2人とも砂まみれね。シャワー浴びて夕飯にしましょう。」


次の日は、観光だと言って水族館に行ったり、首里城っていう赤い建物に行ったりした。
最後の日は、またつくしと海で遊び、夕方の飛行機で東京に帰った。


✳︎✳︎✳︎


俺が中3の時に、つくしと付き合うようになってから2年。
記念って訳じゃないが、夏休みに2人で思い出の海に旅行にきた。


「ねぇ、司。背中に日焼け止め塗ってくれる?」

「ああ。ちょっと貸せ。」

日焼け止めを塗ってやると、白い肌にちょっとムラムラしてくる。
つくしの水着は、花柄の紺色のタンキニ。
胸元がフリルになってて、つくしの小さい胸を上手く隠してる。
あっ、まだ見たり触ったことはねーぞ。 ムラムラしてるのを悟られないように、早めに終わらす。

「司も塗ってあげようか?」

「頼む。」

つくしが小さい手で日焼け止めを塗ってくれるのがくすぐったくてたまんねー。
それを知ってか、つくしが脇腹をこそばしてくる。

「バッ、やめろって!」

「ふふふっ。司、脇腹苦手なんだ。」

「くそっ、反撃するぞっ!」

俺の声にピタッと止まったつくし…俺よりも脇腹苦手なんだよな。

「ごめん…ね。」

可愛い顔して上目遣いで謝ってくる。
この顔に弱いんだよな、俺。
チュッとキスをして、つくしの手を引いて立ち上がる。

「泳ごうぜ。」

「うんっ。」

つくしを浮き輪に入れて、沖まで引っ張っていく。

「ホント司は何でも出来るんだよね〜。」

「おまえは鈍臭いからな。」

「そんな事ないもん!泳ぐのは苦手なだけ。。」

拗ねるつくしが可愛くってつい揶揄っちまうんだよな。


しばらく海で泳いで、今度は砂浜でトンネルを掘り出すつくし。
ほんとこいつは子供の頃から変わんねーな。
「つかさぁ〜、来てっ!!」


パラソルの下で本を読んでいた俺はつくしに呼ばれて、つくしのところまで行く。

「なんだ?」

「ほら見て見て、夕日。もうすぐ沈みそうだよ!」

「ああ。」

「綺麗だね〜。」

そう言って、夕日を眺めているつくしの方が綺麗だと思った。

「つくし…。」
「ん?」

俺を見上げるつくしが堪らなく可愛くて、いつもより少し深く長くキスをした。
いつのまにか日が沈み、あたりは薄暗くなり始めていた。
ぎゅっと抱きしめると、つくしも抱きしめ返してくれる。


「そろそろ部屋に帰るか。」

「そうだね。」

手を繋いで、ホテルの部屋まで帰る。
シャワーを浴び、服を着替えて夕飯を食べる。

夕飯の後は、散歩に行きたいと言うつくしに付き合って、海岸沿いを散歩する。
散歩しながら、色んなことを早口で話すつくし。


ああ、緊張してるのか…。


「なあ、つくし。緊張してるのか?」

「えっ、なっ、なんで…。」

「今からのこと。」

「・・・・・」

「おまえが嫌なら、しないぞ。」

「イヤじゃないんだけど…まだ怖くって。。」

「ちゃんと待てるから心配するな。」

「うん、ありがと。」

部屋に戻り、つくしの後にシャワーを浴びて出てくると、ソファの上でつくしが固まっている。

「つくし?」


「ねぇ、一緒に寝ていい?」

「構わねーけど、おまえ無理するなよ。」

「うん。大丈夫。」

一緒にベッドに横になる。
不安そうにしてるから手を繋いでやると、つくしは直ぐにすうーっと眠りに入る。
おでこにチュッとキスをして、俺も眠りに入った・・・・・はずだったんだが、寝ているつくしが無意識なのか俺に抱きついて来たりして、結局眠れぬ夜を過ごせハメになった。。

--------------

お一方目は、『take it easy』のくるみぼたん様でございます。

最初、拝読した時の衝撃は忘れられません。
可愛くて❤、キュンキュンなつかつくが。
チビつかつくには、ウチも胸がズッキューンでした(笑)。
二人がラブラブで、つくしが可愛くて萌えとります←司ファンやけど、つくしが可愛いんです。

まさか、『ウチの読んでましたよ』のお言葉には顔面😨。
イヤかなり下手過ぎな話で、頭抱えました。

くるみぼたん様のお話は、皆好きですが。
特に『promise』シリーズ、お勧めです。
可愛い二人を有難うございました。
来年も書いて頂ける様に、更新を頑張らねば。

明日は、第2弾を送らせて頂きますね。

ランキングに参加しています。
コメント等有りましたら、お寄せ下さいまし。
責任を持ちまして、お伝えさせて頂きます。
宜しくお願い致します。


良かったら、ポチッとお願い致します!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村







人気ブログランキング
スポンサーサイト
2018.08.19 堕落な日々
気付いたら自分は何時も、一人ぼっちだった。
昨日も今日も、一昨年も喧嘩ばかりの虚しき日々。
金も地位も容姿も、全てを兼ね備えている。
号令すれば、老若男女から権力者も全ては思うままの自分の力。
指を鳴らせば、世界も宇宙も我が手にある。
でも本当に大切な物が、手に入らない。
自分を只の一人として、男として見ない。
男としては見る・・バックの強い男を欲するハイエナと言う名前の女狐が。
顔を剥がせば、般若よりも更に醜いヘドロだろう。
こんな女達に媚び売られ、もうウンザリしていた。

道明寺邸なる、広大な敷地で贋作の宝物を破壊しつくした御曹司の司。
ある時、見兼ねた使用人頭のタマが『流れ星に願い事をすると、叶いますよ』と受け売り文句を出して来た。
舌打ちしながらも、踵を潰しながら歩き回る司。
月明かりの光る螺旋階段を、手刷りに肘を付きながら口笛を吹いている。
空からは高速の光が、頭上を横切る。
『流れ星』なる物である。
『もし本当に願いつうのが、叶うならオレに運命の女を与えてくれ。そいつだけを、ずっと愛したいんだ』
本当に叶うかは、信じてなかった。
司の心は永久凍土の様に閉ざされ、凍り付いていた。


『あたしは普通の高校時代を、送りたいの』と願う凡庸なよくいる高校生。

お下げの三つ編みで、小柄だが大きな瞳の少女。
誰とでも挨拶をしながら、ニコニコ笑う。
その笑顔を高級車から、伺って見ている。
「司様の目にも映りましたか?彼女はとても、温かみの有る女性ですよね」
家庭教師のマーガレットが、ルーペ様式の眼鏡で少女を観察していた。
真っ直ぐに伸びた手足は、生ける人魚の如く愛くるしい笑みで。
その瞬間、司は全身が電気ショックを受けた様に少女を欲していた。
『この女こそ、運命の女だ。オレが心から欲してたくなる』

赤札の名前の元に、女を手に入れて長い年月の後。

つくしの顔に、此れでもかとキスを降らせまくる。
もうお腹一杯なキスに、ウンザリながらも形の良い胸に触れる。
「つくしだけが、オレを狂わせるんだ」
唇が耳を甘く咬みながら、卑猥音で辱しめる。
「つ・・・か・・・さっ。あたしも・・・狂わせるの・・あんただけ・・だよっ」

雷鳴が響きながら、やがて空からは大粒の雨が地上を濡らし出す。
司はつくしの全身を抱えながら、角度を変えてキスをする。
「「つくし(あんた)は、オレ(あたし)の物」」
二人は今日も、先の見えない地獄に堕ちていく。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






人気ブログランキング






拍手記念で、『涙色』様に捧げたお話です。
今、学業がかなり多忙らしくて更新が止まってるんですよね。
続きも気になりますが、センスが素晴らしいんですよね。
悠香も見習いたいであります。


ツルツル・・・ズズズーッ。
「やっぱり、源太のラーメンガチ旨いよっ」
「おうよ、つくし。オレも腕上がっただろ?」
「うん、此処迄車走らせた甲斐有るよお」
「今度は友人も連れ立って来いよ!」
つい先日だが、楽しい時間。



愛車は軽自動車で、ス○キのライトブルーな車体。
つくしは免許を取り、今年で4年になる。
すっかり運転には慣れ、今やお手の物だ。
今日は滋と優紀を乗せ、BGMは流行りのニューミュージックだ。
二人とも高額な服だが(優紀は普段着代わりの小袖)カジュアルな服装である。


『ONE OK ROCK』等も、実は置いてあったりする。
「ラーメン食べに、車出すとかよく大丈夫だったわね?」
「うん、運転手さん乗せて邸内は走ってるんだ」
「そうじゃなくって、つくし。司は知ってるかって事?」
「あー、言ってないよ」
つくしはハンドルを握りながら、あっけらかんと言った。
優紀はつくしと連れ立って、ラーメン激戦区を足げに通っている。
当然ながらつくしと優紀は、毎回だが。
今回は滋も入っている。
と、言うのも滋のオフィスビル近くには、ミシュランガイドに掲載されているラーメン店が何軒も並んでいるからだ。
「あのさ、昔は抵抗あったんだよ。でもさ、ウチの若い男性社員もかなり行くんだよ」
その面子に紛れて通い出してからは、大河原商事の娘もラーメンを食べると専らの評判なのだ。
「桜子やあきらくんは、抵抗有るみたいだよね」
伊達眼鏡を掛けた滋は、優紀と『東京ウォーカー』をチェックしている。
「類も食べるようになったよ。双子ちゃんとも、この間行ったんだよ。あれで夢子さんも、ハマってるしね」

つくしの周りでも、ラーメンにハマるセレブが続出している。
「へぇ、類君は意外だねえ」
「何でも食べるし。最初だけだったよ、金さん待たせちゃってるかなあ」
「「金さん?」」
「そう、今日行く場所はね。金さんから、教えて貰ったんだ」
「つくし、道明寺さんが知らない事を祈るよ」
「あたしの時間を、潰す権利アイツには無いからさ」


BGMが軽快な音楽になったところで、つくしは車のスピードを落とし『○○お客様専用駐車場』に車を止める。
車庫入れも模範並みの運転テクに、二人は感心しきりだ。
駐車券が発行され、それを取るつくし。

滋と優紀はついて行くのだが。

つくし達と入れ替わりに、1台のRV車が近くをすり抜けて行く。

そんな事も知らず、つくし達はオフィスビルの表通りから裏に入った通りの片隅へ向かう。
こじんまりと出来る行列に、つくしも並ぶ。
「此処みた・・・あ、待った?」
其所にいたのは、金さんと連れ立った女性であった。


日常の片隅によくある風景を、書いてみたくなりアップしてみました。
『何処が二次?』と、思われそうですが。
良かったら、お付き合い下さいませ。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキング










司は西田とSP達に囲まれ、ジェットの待機する離着陸場へ連行されて行く。

邸にポツリと残され、つくしはベッドに佇む。
嵐の去るが如く愛する者と離され、つくしは一人沈まぬ火を沈めようと息を吹き出す。
が、簡単には落ち着かぬのが自分の知らない、もう一人のつくし。
「落ち着・・・か・・・・な・・・あっ」
等身大の鏡に写る自分のはだけた部位からは、色鮮やかな所有物の印。
赤めらながら、期待しそうになる自分がいる。
細く長い指が辿りつくその先。
「あたしっ・・何考えてるのっ・・・」
パーティションでの、僅かな隙を付かれ首筋と項に散る花片。
拒んでしまうのは、自分の頑固さだ 。
真面目過ぎる位に堅物で、『ババアと西田を2ど割った位に、真面目な女』と揶揄される。
貞淑で謙遜な女と言われるが、それは表向きの顔。
つくしが一人で歩く事を、司は由としない。
必ずSPか桜子や滋等と、ランチ以外は許さない位なのだ。
『道明寺さんなら、黙っていても女性の方からやって来ます。追い返されるのが、席の山でしょうけれど』(桜子談)
『あたしは本当にされた様なもんだからさ。酷いよね、大河原の娘でも此れだからあ』(滋談)
(それを間近で聴いていた優紀が、雅に笑い出して滋が大抵ヒートアップするのだ)

小さな情炎の火玉が心を燻り続け、つくしは司を思い出してその跡に細く小さな指で触れてみる。
『つか・・・さ・・・ぁ、可愛い・・・く・・な・・いよね』

熱い言霊が司の形良い唇から囁かれる度、つくしは鏡の姿見の鏡で悩まし気に唇が半開きする。
何時もなら胸元を見られ、御椀型の形へ濡れた唇が触れるけれど。
唇どころか、司が居ない・・・。

鏡台近くのテーブルに、つくしはアッと驚きながらそれを手にする。
類の家でかき氷に掛けようと、準備していた練乳の入ったケースだ。
「あんだけ探したのにっ、何でこんなとこに」
無邪気な子供の様に、口を尖らせる。
無情な腹の急かす音に、苦笑いながらも。
つくしはかき氷が無性に、食べたくなって来た。


使用人の女性がワゴンで、かき氷の入ったサンデーを持参してくれた。
薄く色付く練乳を掛けて、つくしは氷山を崩しながらひっそり笑う。
「甘くて美味しい・・」
氷と苺の果実を凍らせたシャーベットを、再度口に含む。
ヒンヤリ感と酸っぱさに、悲鳴で舌をチラと出す。
「キャッ・・酸っぱいけど、夏らしくて良いか・・」
仄かに燻った炎が鳴りを潜め、何時ものつくしらしさが戻りつつある。
「シャワー浴びて、寝ようかな」
バスローブを羽織り、脱衣場へ向かう。
シンプルなユニットバスだが、隣はジェットバスも兼ね備えてある。
鼻歌を鳴らしながら、シャワーを浴びる。
なだらかで華奢な細い脚は、バランス良くも抜ける様に細い。
首筋を小さな手で覆いながら、浴びる姿はどんな美人でも嫉妬に駆られる妖艶さを醸し出している。
肝心のつくしは、全く気付いていないのだが。
魔の時間は刻一刻と、迫りつつあった。




エセエロ書く根性、無いんですがwww。
書かないとアカンでしょうか。
もどきでも、読みたいと思われましたらポチで葉っぱ掛けてやって下さいませ←。
おらんよね?





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




人気ブログランキング














今日もレッスンが終われば、学校の宿題に予習と時間が幾らあっても足りない涼の1日。
夏休みと言っても、避暑地に行く予定は無い。
クラスメイトは海外旅行だ、保養地へ行く予定だのとブルジョアの英徳学園らしいが。

涼も旅行に行く予定はあっても、一週間位だ。
NYに初めて帰省をするが、涼は帰省よりも宿題と学業が半端無い。
学業は数年分と、語学レッスンが大変なのだ。
小3にして、高校生の勉強をする日々。
今回は国連英検と、英検1級取得が目標。

父親の司はそれなりの、海外セレブのリゾート地を出して涼を連れて行くと決めていたのだが。
しかしながら、この父親にして息子は全くのムチャぶりな発言をしだしたから大変だ。
「ハワイかシンガポールか?何ならスイスか、フランスでショッピングに行くか」
「それはママと行きたいだけじゃないの?」
「あ?涼はどっか行きたいとこあるのか?」
「ドームシティの戦隊ショー見たいっ」
それも近所の友達と、一緒に行きたいと言い出したから一悶着があった。
「おい。そんなの邸を貸切に、すりゃ済む話だろうが」
「僕は自分で行きたいんだよ。英徳の友達じゃなくて、近所の友達と」
「バカ言ってんじゃねー、誘拐されたらどうするんだ」
「ヒーローに守って貰うもん」
「駄目だ。道明寺の御曹司が人混みに行くなんざ・・・絶対に許さねーからな」

涼は泣きそうになりながら、部屋から飛び出してしまった。
「涼・・」
「つくし、幾ら涼が行きたいって言っても今回は駄目だからな」
『毎回駄目と言い出しかねないわよ』と言いそうになったつくしだ。

涼は室内のシアタールームで、一人戦隊物の映像を見ている。
決め台詞を、ヒーローが叫ぶとニコニコ笑う涼。
「あ、此れってパ○○ンジャー何とかですよね」
若い使用人の女性が、声を上げる。
ワゴンでドリンクを運んで来た使用人。
「知ってる?」
「ウチの息子と友人が、嵌まってるんです」
使用人の友人は出演する俳優のファンで、使用人の息子は決め台詞や変身のシーンがいたく気に入ってるのだとか。
珠に後○○の、戦隊ショーを見に行ってるのだとか。
「ねえ、僕も行きたいよっ」
「滅相もございませんよ、それは旦那様と若奥様に聞いて下さいまし」

使用人がマグカップを差し出すも、首を横に振る。
『僕は何なんだろ』
小さな御曹司は悩めるお年頃?であった。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村





人気ブログランキング