FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Category [Jeden Tag ab dem Frühjahr Sturm〜 春の嵐から始まる日々〜(連載中) ] 記事一覧

Jeden Tag ab dem Frühjahr Sturm〜 春の嵐から始まる日々〜7

奈穂子にコーヒーを奢る条件で、髪のセットを毎回お願いしているつくし。 大抵は後ろでお団子にするだけでも、それすらつくしは億劫になる日々。「つくしも大変だよね。今日はあんかけパスタどう?」「いいねえ。近くに良い店有るからさ」 奈穂子もつくし程ではないが、残業続きの日々でも家事を完璧にこなしている。 既婚で小学校入学を控えた娘と、2歳の息子が居るのにである。 つくし達のマンション近くで、今時珍しくも一戸...

Jeden Tag ab dem Frühjahr Sturm〜 春の嵐から始まる日々〜6

従業員専用入口で、近くの化粧室に走り込む。 警備員の顔はひきつり気味になっているが、それは毎度の事である。 メイク前の女性は、見てはならないお化けを見る感覚だからだ。 つくし達の『企業営業部プランニング課』は、主に宿泊部署でのプランを出し合い営業部とのパイプを担ったりする部署だ。 オプションを企画したり、部署によってはツアー客向けのプランを企画する事等多岐に渡る。 旅行代理店との橋渡し的役割もあり、か...

Jeden Tag ab dem Frühjahr Sturm〜 春の嵐から始まる日々〜5〜

余りに短過ぎるお話で、申し訳ございません。 もう1話をアップ致しました。 宜しくお願い致します。「大丈夫?つくし」 隣のバス停で若干の余裕が出来ると、つくしは立ち直す。 隣には綺麗にブローした髪を、バレッタで纏めたミニスカートの女性。 つくしより若干、高い目線で化粧の行き届いたスタイリッシュな服装。「あ~あ、今日もギリギリだった?もしかしなくても・・・」 同じ部署の谷口奈穂子である。「あ、おはよー。昨...

Jeden Tag ab dem Frühjahr Sturm〜 春の嵐から始まる日々〜4

「オイ、姉ちゃん。何時迄寝てんだって」 進がバイトから帰宅したのは、0時近く。 マンション近くに有るファミレスの厨房で、夕方の5時から7時間働いている。 学費が予想以上に掛かる為、生活費は姉に頼る割合が高い。 マンションの立地条件も、名古屋駅に近い為家賃もかなり高い。 去年から値上げもあったりで、進は週3でバイト浸けになっていた。 ソファーで化粧が少し残り気味なつくしに、進は姉の仕事がかなり激務で有る事...

Jeden Tag ab dem Frühjahr Sturm〜 春の嵐から始まる日々〜2

「茜さあ・・・もう聞いてったら、酷くなぁ~い。辞令が下りたの赴任前日なんだからさっ」 くだを巻きながら、つくしはほろ酔いのままスマホを首に挟んで通話している。 本社で同僚だった「妻科茜」だ。 茜はつくしと同じ『英徳大学女子部』時代から唯一の戦友である。 部署こそ『総務部』『営業部』で異なっていたが、ランチタイムでは貴重な話相手だった。 メープル東京台場本社でも、つくしの異動に大半は『寝耳に水』で。 当時...

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア