FC2ブログ
星川は女が桜を一人で見に来たにしては、違和感を感じている。
この辺りの住人は、昔からの金持ちが多く住んでいる。
それも昔から『田園調布』『芦屋』『嵐山』『元町』に匹敵する、著名人の居住区が集中している。
女はその辺の服装に見せているが、アクセサリー等は一点物を見に付けている。
化粧も派手さは控えめにしている。
「あんたこの辺りに住んでるのかい?」
「だとしたら?」
「こんな公園に来るのは、珍しくないか?」
「ゴメンね。転倒させちゃったし、見ず知らずの方に申し訳ないわ」
「変わってんなあんた、服装こそその辺の人と変わんねーけど」
女はフフフと笑いつつも、大きな瞳の奥では涙を浮かべている。
「この桜を見る事も、当分無いからね。あたし、もうすぐこの界隈から離れるの」
「一人でか?」
「一人ではないよ。貴方が庇ってくれたから、この子が生きてられるわ」
星川は女が擦る腹回りに目線を、移した。
そんなに目立ってはいないが、幾分はみ出しつつある。
「尚更良かったわ、オレは人殺しにはなりたくない」
「有り難う、あたしもこの子に代わって御礼を言うわね」
小さく華奢な女性ではあるが、晶に比べると段違いに大人だなあと思う星川だった。
暗くなると桜の揺らめきは、怪しさと儚さの二面性が虚無感を更に際立たせている。
「桜の季節は短いけれど、あたしはこの時が好きなの」
「桜の下には死体が埋まっていると言ったけれどな」
「死体ではなくて、眠り続けてるんだわ。大好きな人に会いたくて、あたしもこの子もねそう思うの」
「会いたく思う人って、あんたのツレか?」
「腐れ縁な男だけどね。あたしを何時も好きとは、言ってくれるけど」
「ならば幸せじゃないの?」
「何時帰るか分からない人だもの。一人でポツンと待ってるのも、辛い時がある。そんな時に桜を見に来るの」
桜と女はその儚さがコントラストし、美しさを際立たせている。
星川はノートパソコンを、起動させるとふと思い付いたメロディーを打ち込む。
歌詞は未だ思い付かないが、曲が溢れ出して来る。
此れはもしかして、何かを掴むきっかけになるかもしれないと。
ボランティアで歌う生活も悪くは無い。
が、やはり一度は大きい会場を経験してみたい。
桜と同化する程の美しい女に、星川は魂を抜かれると死を覚悟した程であった。


そんな覚悟とは、違う覚悟を迫られる出来事に星川は遭遇する事になった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




二次小説ランキングへ
スポンサーサイト
Secret