桜ほうさら(完)

君と出会った季節〜続・桜ほうさら〜後篇

 ←君と出会った季節〜続・桜ほうさら〜中編 →小っさい恋の物語・・お花見とつかさ〜3〜
女は桜の花びらが散る瞬間を、目に焼き付けている。
「この場所で今日迄しか、見れないんだよね。もっと見たかった・・でもあたしは忘れないから」
樹木と会話を始める女に、星川は異様さを感じた。
あの女性は、認知症なんだろうか?
まさか、幽霊を見てるのか?
連日の夜勤で体調を下して居るのかと、うやむやにフラフラしそうになったその時である。

「つくし・・・」
息を切らして走って来た男は、つくしと呼ばれた女に向かって歩く。
つくしは男を見るなり、逃げようと試みるが。
「何で居ないんだ・・すっげぇ、心配すんじゃねーか」
「あたしは何時も一人だもの。大きな邸で自分が消えてくの。子供ばかり産むだけの、それだけの女だなんて。あたしは只の女に成り下がるのは、嫌なの。それなら、別れて・・・」
仕事が多忙になるばかりで、つくしの笑う顔に甘えてしまっていたのだろうかと司は考える。
かつての自分が母の楓を思いつつも、それは許されず素行不良への道まっしぐらだった。
紆余曲折を経てつくしと、結婚した。
が出産等に終われて不安定になるつくしを、気遣ったつもりだった。
しかしパーティーやら、週刊誌等で司の記事を目にする度。
最初は全然平気ではあっても、子供を産むだけの女では不安ばかり募らせてしまった。
「お前がそんなにオレを、想ってくれてるとはな・・。すげー可愛い」
こんなに不安定になるまで、自分を想うつくしを昔は見たくても見れなかったのにだ。
「離してよっ、あんたなんか知らない」
腕を振りほどいて、逃げようとするしなやかな山猫の様な女。
構うと頑固に意固地な女だが、閨では仕種から何からが虜になる程愛しい女。
大きな瞳に睨まれても、太陽の如く明るくて性根は優しいつくし。
セレブの世界に居ながら、暗い底に沈む以外知らなかった自分の世界。
その世界へ光を射したのは、雑草魂で自称・何も無い女。
何も無いようで、自分が望む世界観を持つつくし。
強く逞しい裏では、儚さを兼ねたしなやかな猫を思わせる。
「なんで別れんだ?オレん中では、つくし以外は女つうバケモンじゃねえ?」
鬼の首を取ったみたいに、したり顔で笑う司。
つくしは俯くも、司の求愛には何時も翻弄されてしまう。
分かってはいても、どうしても拒めない。
つくしだけを愛して止まない、最悪だけど最高の男。
司は星川を見るなり『誰だ⁉コイツは』とにじりよって来る。
星川は整い過ぎてる容姿の持ち主が、ギロりと睨み付けて来た事に恐怖感しかなかった。
「え?オレ悪者になる訳?」
星川は此処の場所で、曲を書いていただけの通行人である。
寧ろつくしの身を守ったのだから、押し付けがましくはなりたくない。
が、睨まれる筋合いは全く無いのにだ。
「司・・・その人は・・・痛っ」
気を張り詰めたつくしが、身体を折り曲げようとするも。
「つくし。大丈夫か?まさか、生まれ・・」
「違うのっ。この人はあたしが・・転びそうに・・なった時・・助けてくれたの」
しかめ面でつくしは汗ばみながら、司に詰め寄る。
「この子が怒るから、お願いだから・・・」
お腹のこと子供が、命の恩人に刃を向けかねない司をつくしを通じて止めようとする。
「・・・悪か・・ったな」
舌打ちしながら、小声で謝るのが精一杯な司。
つくしは安心したように、司を小さな身体で抱き止めた。
「素敵な曲、書いてね。未来のアーティストさん」
言い終えたつくしは、司に背負われて近くに付けられた車へ運ばれて行く。
SPらしき黒スーツの男性と、ダークグレーのパンツスーツな女性がつくしを案じてるらしい。
二人を乗せると、車はゆっくりと発進して行った。

星川はベンチで座り込みながら、考え込んでいた。
あの男を何処かで見た様な?
夜桜は揺らめきながら、花びらをひらひらと舞っているだけだった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







二次小説ランキングへ
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 桜ほうさら(完)
総もくじ  3kaku_s_L.png ジェネラル・ルージュの伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 雑談
総もくじ  3kaku_s_L.png 西門家のいけずな女たち
もくじ  3kaku_s_L.png You Go your Way
もくじ  3kaku_s_L.png My Gift to you
もくじ  3kaku_s_L.png 初恋が終わる時
総もくじ  3kaku_s_L.png 花は遠くなり(休載中)〜現代編〜
【君と出会った季節〜続・桜ほうさら〜中編】へ  【小っさい恋の物語・・お花見とつかさ〜3〜】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>幹様

>ようこそ、いらっしゃいまし。
駄文ばかりなサイトですが、今後共宜しくお願い致します。
又、お邪魔させて頂きますね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【君と出会った季節〜続・桜ほうさら〜中編】へ
  • 【小っさい恋の物語・・お花見とつかさ〜3〜】へ