FC2ブログ
只今、準備中の連載シリーズネタで。
『ブラックペアン』とのコラボネタです。
が、毎度の『つかつく』で終わる予定です。



悠香の実体験をネタに、ありがちな妄想をしとりました。
怪我して通院した時、なんですが。
医者行って迄、何しとんのかこのアホは←。
笑って許して、暑さを乗り切りましょか(笑)。
二次熱の熱さは、冷まさぬ様に(←オイ)。


あたしは「愚痴外来」(本来の明記は心理外来)で、その日珍しく予約の無い日だった。
藤原婦長さんに、診察室の管理をお願いしたから久々の休み。
昨日は自宅マンションで家財道具の整理をした。
マンションは「管理人室」が、あたし達の家。
其所は「英徳学院大学病院女子寮」で、独身者や夜勤や準夜勤の仮眠室も、備わってる。

その一室でパパとママは何を考えていたのか、『いよいよ、断捨離する事で人生の一線から離れられる』と言い出した。
一線どころか、毎回働いてる様には見えないとあたしは思ってるけど。
何時もは進が居るのに、この日に限り『彼女とお泊まり旅行』等と言い出したから大変。
大学生の弟がサークルの飲み会で、知り合った『チカちゃん』とレンタカーで信州行き。
あたしはそんな二人を見送った。
自分のアパートを寮とは別に、駅前徒歩5分の立地に借りてたりする。
其所は誰も知らない女子専用アパート。
あたしはアパートから、パパ達の住む女子寮へやって来た。
家財道具の整理を、手伝わされるあたし。
男性の居る時に、して欲しいと思ったよ。
パパはこんなの何処で購入したんだろうかと、驚くも。
それは有名陶芸家の、渾身の一作なる○○焼きの1対。
木箱で埃を被っていたから、あたしはどかす為に運ぼうとした。


ピキンと、下半身から痛みが急激に上がってきた。
「キャッ」と言いながらも、本当は絶叫したくなる痛み。
「つくし、どうしたの大丈夫?」
呑気なママはあたしの顔を、覗き込む。
ママは余り重たい物を、持てない。
昔、ギックリ腰をやったから。
進が担当してたのに、女の子と旅行に行っているからあたしの役。
パパも非力だから。
仕方ないよね、進も我が家にいたらずっと日照りで女知らずにゲイとかも困るしね。
近所にゲイの人が昔、住んでたけど元気かなあ。
あたしには親切にしてくれたんだよね。

英徳学院大学付属病院は、神奈川県に有る。
此処は桜宮市って言う場所で、以前は東城大学付属病院で存在した。
ところが、東城大学は医学部を廃業。
経営難で撤退するから、桜宮市長と県知事が英徳学院大学に打診して病院を作ったのがきっかけ。
東城大学・桃の園学院大学医学部研究室・英徳学院大学医学部・企業の道明寺メディカルが出資して作られた病院。

『英徳学院大学付属病院』あたしの勤務先。

翌日。
何時もの様に、チャリに跨がろうとしたらやはり腰に違和感を感じた。
あたしは歩きながら、ゆっくりと病院に向かっていく。
今日のアイツは、東京の霞ヶ関に会議で居ないから遭遇しない。

ゆっくり、腰を抑えながら歩き出す。
バッグをリュックサックにして、一歩踏み出す。


今日は従業員通用口じゃなくて、普通の入口。
ガーリー模様のトップスに、デニムスカートで『new ○○○ance』のウォーキングシューズ。
シューズはメーカーの会長さんから、椿お姉さん経由の頂き物。

入口で名前を呼ばれ、受付の女の子に『へ?』と驚かれる。
だよね‼あたしもびっくりしちゃうよ。
「あの牧野先生、整形外科?で宜しいんですか?」
「うん、他言無用でね」
「はぁ・・」
その感じでは、暫くの間はバレないかな。
アイツが来る迄は・・ね。
あたしは名前を呼ばれ、『整形外科』の診察室へ向かった。


其所では、院長の『高階権太』先生が腕を組みながらあたしを待ち伏せしていた。


つかつく居ない・・・と、思ったら此方をアップしました。
やはり二人の居ない・・・んは、淋しいけど。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



人気ブログランキング








スポンサーサイト
Secret