FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Entries

湯けむり旅情〜イヤよイヤよも好きのうち〜3

本社の社長挨拶だけなら、あたし達は此処でも良いのに。
道明寺専務がひなびた温泉街に来るとはまことしやかな噂が流れ、殆どの人達(特に女性)は既に化粧室へ雪崩れ込みに行ってしまう有り様。
此れから社長さんや、上司さん幹部さんの挨拶が有ると言うのに。
社長さんの挨拶を聞く気なんぞ、まともに聞く社員は居ないよね。
あたしと千晴は、別会社の出向だから正直気にはしてもいないけどね。


蓋を開けてみれば、殆どの本社の女子社員が落ち着きなくソワソワしてる。
あたしは道明寺専務が云々よりも、『そっくりさんが挨拶するんだったらどうするの』と他人行儀。
それこそ、影武者が挨拶でも良いんじゃないのかな。
「道明寺専務ねえ?あたし達だって、聞いてたらおめかししたわよ」
千晴お話聞くだけで、化粧頑張るとか矛盾してないかな。
そもそも、あたしを含まないでっつーの。
「あら、つくしは興味・・・の前に後輩だったっけ?」
千晴は興味津々な目線、あたしは嫌な予感したんだよね。
「高等部迄はね。大学は関西に来ちゃったから、あたし知らないよ」
高等部の頃は確かに付き合った時期もあったよ。
何でも家の事情で、あたしが2年だった頃にNYの大学へ編入したとか。
最初こそ、遠距離恋愛を楽しんでたけど。
何かスレ違いが続いて、自然消滅しちゃった感じ。
家の事で元々多忙で、一時期は勉強にも付いていくのが必死だった。
成績じゃなくて、出席日数が足りなくなったから。
とても道明寺を案じる等、考えられなかった位に。
元から連絡も取れる状態じゃなかったし、あたしも3年になったら学業やバイトが更に忙しくなったし。
それからの道明寺は雑誌等で、何処かの国の王女様や有る時は資産家令嬢やら、一流企業の娘だ孫だの。
雑誌やネットの噂でなら、彼は何百回重婚していただろう。
「面白おかしく書いてたもんねえ、あたしさF4だっけ?西門さんがタイプだったわよ」
ホント千晴は見た目に騙されるタイプだわ、西門さんねえ?・・何だかんだで友人としては知ってるよ。
でもあたしの親友が結婚して、今や次期家元(総二郎)以上に風格出てるわよ。
珠にお付きの方と、新幹線で上京した時に会ったりしてるけど。
前に子供さんと来た時は、そっくり過ぎて笑っちゃったもん。
「奥さんも庶民の出って、書いてたわよねえ」
絶対ネットとか見てる口だわね、もう女性はホント見た目に弱いのねえ。
「では・・・、この後専務から皆さんへ、労いの御言葉を頂戴出来るとの事なんで。暫し、お待ち下さい」
女性社員がざわつくのを傍目に、あたし達『出向社員』はお役御免の名目で退席させられた。
「あ~あ、道明寺専務を一目見たかったなあ」
「何時かは見る事も、有るんじゃないの?」
あたしは呑気に欠伸をしながら、肩を叩いている。
「お酒が残ってるのかなあ。眠くなって来たし、一眠りしたら温泉入って来るよ」
あたしは千晴と別れて、部屋に戻って来た。
英徳学園時代に、赤札騒動であたしは一時期ターゲットにされた事が有る。
それを逆手に取って、道明寺に蹴りを入れてからだったよなあ。


あれは、非常階段・・・。
そうだ、あたしは何時も『花沢類』と寝ていたんだよなあ。
『あんた、今日も此処に来た。そんなに、サボって大丈夫なのか?』
『ううん、あたしの席中庭に放置されてるもん。ご丁寧にスプレーの落書き付きで、食堂の残飯がかけれてたし』
『オレらが構うから?』
『どうなんだろ、あたし考える事ないから』


お願いだから、あたしに静かな学園生活を送らせて。
そう願ってはいたけど、あたしの性が出ちゃった。
だって人として、許せなかったんだ。
その時はね。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村







人気ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2018.09/20 16:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ち○る様 

可愛いらしくて、又翻弄される司にニヤリです(笑)。
何時も有難うございます。
  • posted by 悠香 
  • URL 
  • 2018.09/20 22:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア