FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Entries

君と過ごした日々〜23〜

何故物事とは思った様に、進まない物なのだろうか。
つくしは類から聞いて、びっくりしている。
司とはあの時に覚悟を決め、別れるつもりで自分を差し出したつもりだった。
あたしの事は忘れて欲しいこの日を最後に、と願ったのにである。
道明寺HDの内部対立等、つくしには知った事ではない。
司と離れて生きる、前の状態にリセットするだけが自分達の知らない場所で想定外を起こして行く。
類「牧野がそう思っていても、司の立場ではそれは無理なんだよ。悪あがきした所で、問答無用でジ・エンド」
つくし「それって、命を奪う?」
類「それがオレ達の世界の掟。ヤクザの世界じゃないけど、金や異性に地位を守るのはそんなもんだよ」
つくし「道明寺は家を捨てたいと、言ってたよ」
類「それで捨てられてんなら、とっくにこの世には居ないよ」
つくし「道明寺は望んだ訳じゃないじゃん」
類「株主は普通の投資家だけじゃない。如何わしい輩やら国の行政機関が絡む事もあるんだ」
金を稼ぐ事が肉体労働や、汗水垂らして働くイメージしかないつくし。
つくし「道明寺はもう離婚するの?」
類は紅茶を飲みながら、遠い目をしている。
類「オレ達はそれを、当たり前に生きてるから。家業を継いで、養うのはそんなものだよ」
つくし「可哀想だね。道明寺、ううん。だけじゃなくて、家に縛られるあんた達は」
つくしの瞳からは、涙が溢れている。
類「オレ達の役割は、家を残す事なんだよ。潰すのは恥みたいなもんだから」
つくし「道明寺が何をしたの?結婚がダメならば、離婚・・」
類「マリアナの後ろには、ヨーロッパ王室や国家主席クラスが付いている。道明寺HDだと、シンガポール支社の支社長が仲介してる」



一方此方は桜子のN市にある店舗兼事務所である。
桜子とエリアマネージャーであり、実質オーナーの美田園真美がタブレットPC片手にスクロールしている。
桜子「美田園さん、此方を月末に納品して下さいね」
桜子はエステサロンで使用する、美容商品をAbemaTVの通販番組で宣伝している。
担当に美田園を指名し、毎週ミーティングを重ねていた。
美田園「かしこまりました。社長、反響も凄いみたいです」

美田園はミーティングルームを出て、店舗に向かった。
桜子は携帯を取り出すと、慣れた手つきで電話帳をタップし始めた。
桜子「もしもし、ご無沙汰しております。桜子ですわ、御姉様。此方に参りますの?」

桜子の通話の相手は、道明寺椿であった。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






人気ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア