FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Entries

君と過ごした日々〜25〜

司「何だと、姉ちゃんの所持品に盗聴器が仕込まれてた?」
西田「よもや、椿様のSPに工作員が混じっていたとは」
西田は調査書と印字された、レポートを司に手渡した。
司は目にするなり、手中で握り潰した。

椿に付いていたSPの死体を、公安に調査依頼をした。
公安調査庁からの返答は『身元の分からない工作員』と、返答が来たからだ。
所持していたパスポートの写真と照合するなり、司法解剖の手前で顔面の皮膚に縫合跡を発見したと言う。
パスポートの名前では『松本尚志』と記載されていたが、松本尚志なる人物は別人として存在していたのだ。

松本尚志なる人物、西田が再度確認を取るとパスポートが盗難される被害届を出していたと言う。
司「SPに偽物を混ぜていたとは、道明寺も舐められたもんだな」
マリアナとの政略結婚は破談となり、マリアナ側には30億の慰謝料と司が資産として所有していた「オーストリア」のリゾート物件を合わせて離婚に同意した。
誓約書と念書を交わし、マリアナはマスメディアやネット等には暴露しない事を条件にしている。

数日後道明寺邸からは、身柄を保証する条件も付帯した。
わずか数日後の離婚。

離婚を急いだのには、訳があった。
父親の毅は長らく病死とされて来たが、此処に来て毅は殺害されたと新事実が明らかになったのだ。
毅の心臓には致死量の『ニトログリセリン』を投与したとうり、つまりは毒殺されたのだ。
表向きは『看護士の医療ミス』とされたが、道明寺系列の院内で起きたテロである。
その暗躍に手を貸したとされるのが、道明寺HDのシンガポールアジア支店。
アジア支店の支店長は、道明寺楓である。
しかし楓は毅への殺害関与はしていない。

其所で浮かび上がって来たのは、シンガポール支店の専務であり取締役の陳凛々こと道明寺凛。
瓜二つの、双子の妹だ。
楓のフィクサーであり、策士みたいなものだ。
司「親父だけで飽きたらず、つくしに迄危害を加えようとすんならオレはシンガポール支社を潰す」
司はペントハウスの一棟を、売却している。
西田「今は証拠集めと、牧野様や椿様の身辺警護です」
司「オレ様を怒らせるとは、良い根性してっからよ」
只でさえつくしが、類と一緒なのも気に入らない。
西田「司様、牧野様はご無事でありますから」
司は西田の一言にキレ、西田を締め上げようとした時だ。

司の体は西田から剥がされ、ドア近くに放られたのだった。
「相も変わらずね、貴方と言う方は」
コツコツとハイヒールの音が、室内に響いて来た。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






人気ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア