FC2ブログ
ちょっと、間が空いてますが少しずつ動かします。
多分、先月の話だよなあ。



つくしの学生時代の後輩にあたる、三条(旧姓・現美作)桜子は自宅の洋館を一部改装して『喫茶店』を経営している。

桜子は祖母が特養老人ホームに入所したのを機に、邸を手放すかを考えていた。
大学を卒業と同時に、かねてから交際していた『美作あきら』と籍を入れる予定の彼女だ。
桜子は先月、双子を出産した。
結婚前に子供を産んだ事から、美作の関係者からは『デキ婚の女は、宜しくない』と非難の嵐だ。
あきらとは別れる予定もないし、順番が逆になっただけの話。
世界に名だたる美作あきらが、デキ婚と言われ世間はバッシングばかりだが。
「言いたい輩は、暇人と変わらないですわ」
母親になってから、更に逞しさが増した様だ。

その前後も親友の優紀が出産したりと、つくしは『お祝いばかりで大変』と言った記憶が有る。
「邸は取り壊しても、良かったんですけれど。税金対策も結構面倒ですから」
簡単に壊すのをつくしや優紀が止めたり、英徳や都の関係者等からも署名迄集めて来たと言うのだ。

未来の伴侶になるあきらからも、『喫茶店とかで、使ったりとか出来るんじゃないか?』
と言われた桜子。

毎日ではないが、気紛れに営業しながら邸を維持している。

「先輩、そろそろ良いお話は聞けないですか?」
「あんたは、いきなり人を捕まえてそれ?」
「あたくしは、先輩が道明寺さんと結婚出来ないのが不思議でなりません」
アッサムの高級茶葉で入れた紅茶を、口腔に含むなり噎せるつくし。
口元をペーパーで、抑えながらコンコンと咳き込むつくし。
「あん・・・た。な、何で道明寺・・・ゲホッ」
「花沢さんも、職場結婚なさったんですよ」
類を強調する辺りは、何か含みを持った言い回しだ。

類とは付き合うどころか、自分からは連絡もしなかった。
「いやいや、それは知らなかったから。あたしも連絡取ろうとかなかったし」
桜子はカップの取っ手を、細い指で優雅に掴む。
カップは桜子がお気に入りの、ロイヤルミルトン。
「花沢さんは職場に検診でお見えになった、女医さんとご結婚なさったのです」
桜子が分厚い女性向けの結婚雑誌を、つくしの手元に置く。
「あたくしも、何度かお会い致しましたよ。定期検診の時に」
「あー、双子ちゃんね」
「そうなんですよ。お義母様が、凄く可愛いがられてます」
桜子も何故だか、双子の女児だったからなのか。
あきらとその父は、苦笑いをしてるらしい。

つくしが頁を捲ると、フランス郊外の古城を背景に。
タキシード姿の類と、ローブデコルデに、長めの花柄なベールに映える金髪の巻き髪姿の女性。
紙面の二人からは、笑みに包まれて自分も幸せになれそうな気持ちになる。

「桐原祐子さんて、人なんだ。職業は花沢物産の総務部で、健康相談室赴任・・・へぇ」
文章を棒読みしながら、頷き気味に目線を動かす。

つくしの半身と言われる位に、類には考える事が読まれていた過去話。

「時が流れるのは、早いねえ」
「後は先輩だけです。優紀さんは、跡継ぎお生まれになってからもう三人のママですから」
「いや、未だ滋さん・・・」
「滋さんの前に、先輩ですよっ。変な人から告白とかは、止めて下さいね」
つくづく口先の悪い後輩とはいえ、無下に出来ないのが人の良いつくしたる所以。
『そもそも、道明寺となんか会う事も無いのに』

それを人々は『灯台もと暗し』と言うが、つくしには全くの他人事にしか聞こえてなかった。


お久しぶりに、まったりアップです。
少し続き書けそうだッたので、掲載してみました。
が、辻褄合わずですみません😣💦⤵️。


此れも既に完結させなきゃと、頑張って書き起こしています。

今、書いてるのは西田目線かな。
司も出したり、未だ少し続きます。
然し、パンケーキの続きも並行してるので。
複数進行形で、読みにくいと思いますが。
少ない読者様の、楽しみになって下さいましたら幸いです。








人気ブログランキング






追伸、Fママ様と先輩。

続き中々、書けなくてゴメンなさい。
◯◯◯4さん、何時も有難うございます。





スポンサーサイト



Secret