FC2ブログ
タイトルは勿論、『DA PUMP』のタイトルから、パクりですが。
内容は全く関係ありません。
昨日の続きは、近日中にアップ致しますね。
花見してたら、此方が妄想出来ました←。


『道明寺邸・世田谷通りお花見に参加の皆様。只今前方の白いテント内で、警察官の手荷物検査とセキュリティチェックを行っております』
今年は道明寺邸で、車通りの場所を一般公開する事になったのだ。
実は道明寺邸の敷地は、桜の名所で都心ではかなり有名だ。
(花沢邸は藤の花が、有名である)
京都で廃寺になる予定となった寺を、買い取っている。
寺は移築して、西門流や関係寺院に貸し出したりしている。
桜は世田谷にも、何本か移動したのだ。


沢山の見物客にごった返して、流石のつくしもビックリしていた。


つくしの素性は隠して、帽子にサングラスでパーカーにパンツとラフな服装で変装していある。
開催前は当然ながら、当主の司が『見世物はパーティーだけで、沢山だ』と言い出した。
が、妻の一言でそれは脆くも崩れ去った。

「せっかく、重要文化財並みの桜の木で並木道なのに。皆様に見て頂きたいものだわ」
道明寺邸の女主人にして、気難しい女嫌いだった司をまっとうな人間に戻した当主夫人。

「邸を見世物小屋にしたいのか・・・」
「誰も邸をお見せするとは、一言も申してませんよ」
妻と実母の楓に言われては、

皇居並みの敷地である、『道明寺邸』は幾筋もの道路が張り巡らされている。
今回は普段は開放していない、『世田谷南通り』の3キロ近い一本道を2週間だけ開放して欲しいと。
東京都と英徳学園史学部から、頼まれていた。

楓が勲一等の受賞と、つくしに第4子懐妊記念を兼ねてらしい。

世田谷南通りには、四季折々の桜や楓に欅やら植物も貴重な種類が沢山植えられている。
セキュリティとひたすら面倒臭い司は、そんな記念日はつくしと子供以外では関わりたくない。

本当はつくしだけである。
が、それは内緒だ。
この間もそれに託つけて、スキンシップを取ろうとしたら怒らせてしまった。

一緒に風呂も入れなくて、宥めすかして許して貰ったのだ。

勿論、息子共々労って貰えたから一安心した。


今日はつくしも一般人に紛れて、通りを歩いていた。

近県からはともかくも、海外からの観光客もカメラを片手に歩いている。

桜やら欅の木を木陰に、近隣の住民がカメラで撮影に急しいらしい。
道明寺邸の木々は紫外線を遮り、木漏れ陽が優しく照らす。
観光客も大木の壮大な姿に、ため息である。

人々は世間の経済活動に、疲労感を漂わせている。

その中で道明寺邸の桜並木道は、心の拠り所代わりとなりそうだ。

つくしは人々が桜を眺めつつも楽しみながら、談笑する姿に嬉しくなってくる。

司は桜の花びらが舞う中で、つくしの微笑む姿に愛しさが募って来る。

つくしは小走りに走る幼子へ、目を細めていた。

道明寺HDの次世代は、彼らに委ねられる。

つくしは司に肩を寄せられ、幼子とその父との代わる代わる表情を比べていたのだった。

その表情は誰よりも、優しい菩薩の様相で。


訳の分からない話で、申し訳ございません。
本日は花見をした折りから、思い付いたネタですが。
いやあ・・・とにかく、人の凄さに驚きました。
暑さでしんどかったですが、花見は良かったですねえ。

本日もお越し頂きまして、有難うございます。
読者の皆様に、桜の美しさが伝わりましたら幸いです。
桜よりもスイーツの話で、お友達様と盛り上がってましたが←。




2019040523312071b.jpg



20190405233327926.jpg



ランキングに参加しています。
皆様からの応援ポチが、励みになります。
宜しくお願い致します。


何時も有難うございます。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






人気ブログランキング


スポンサーサイト



Secret