FC2ブログ
文面の前後が合わず、お見苦しい点に申し訳ございません。

白鳥「久々に会うなあ、つくしちゃんは」
司「気安くつくしと言うな」
つくしに言わせると、『勿体ない公用車』に乗車した厚労の官僚事務次官候補と御曹司。
司は楓のしたり顔には、余りのイラ付きに室内の装飾品(贋作を並べ替えた) を破壊して清掃業者に仕事を還元していた。
迎えにやって来た西田と、白鳥が見るなり目を丸くしていたが。
そこは慣れている西田の事だ、『牧野様の心象が悪くなるだけですよ』の一言で司を大人しくさせたのてある。
司「相変わらず喰えない奴だ」
西田「何年仕えてるとお思いになりますか?」
白鳥「チッ」
西田「舌打ちは御曹司のやる事にはございません」
好きで御曹司じゃない、と言いたくなった司であったが寸での所で止めた。
楓といい、西田もだがあの『道明寺』を背負って来た歴然の強者の一人だ。
道明寺の為ならば、心中する事も朝飯前なのだ。
西田「風の頼りに依りますと、牧野様にはお付き合いなさっている男性の姿」
と、言うなり背後の司に、書類を差し出した。
調査書に、クリップで止められた『間名瀬准教授』のカラー写真。
華麗なる経歴を羅列された、ワードの文面。
は、直ぐに形を成さずに力の限りで握り潰された。
「間名瀬?俺の中では、相変わらずキョトキョトするのは変わらねーよなあ」
「間名瀬准教授?確か、心理学の権威に近いって聞いてるよ」
白鳥は冷やかしな目線で、司をチラと見る。
「つくしちゃんかは、定かじゃないけど。お付き合いの女性の影は、聞いてるんだよねえ」
「厚労は暇なんだな」
「間名瀬准教授は、心理学の権威に尤も近い准教授なんだよ。教授の椅子も近い将来・・・」
「だったら、専念させてやる。研究室から、出らんねーよには朝飯前だ」
能面秘書は、内心ではため息しかないだろう。
『牧野様の事になると、御曹司の前に人間に戻るのだから凄いお人だ』


「間名瀬さん?シェ◯トンの創作居酒屋に、14時ですか・・分かりました」
スマホのインカムで、つくしはPCを立ち上げながら嬉しそうに話す。
診察室とマンションを兼ねた女子寮の、往復生活。
仕事の虫だが、用は引きこもりに近い。
テレビの画面では、『間名瀬准教授の華麗なる経歴』をワイドショーが取り上げる反面。
『道明寺HD副社長、数年ぶりの帰国』と交互に、取り上げている。

間名瀬准教授からは、男女から更なる関係に発展を遂げるのか。
つくしの人生、いよいよ黒船襲来の瞬間は刻一刻と迫っていた。


ランキング参加しています。
応援ポチ、頂けましたら幸いです。






人気ブログランキング



スポンサーサイト
Secret