FC2ブログ

otoのアップからまた夜空から晴天の空に映像が変わり
またしてもPOPな曲調に変わる・・・



英徳の制服を着た5人・・・
場所は英徳学園
いつもたまっていたF4専用ラウンジ、中庭、非常階段・・・
楽しそうな5人の姿だった・・・




“輝いたのは鏡でも太陽でもなくて 君だと気付いたときから
あの涙ぐむ雲のずっと上には微笑む月 Love Story またひとつ

傷ついた夢は 昨日の彼方へ
空に響け 愛の歌

思い出ずっと ずっと忘れない空 二人が離れていても
こんな好きな人に 出逢う季節二度とない
光ってもっと最高のLady きっとそっと想い届く
信じることがすべて Love so sweet”
『Love so sweet』 嵐



「あの4人の制服姿が見れるなんて・・・」



そこから人々が行交う街並みへと映像が変わり
曲調もバラードに変わった



「ここどこだっけ??」



“ありがとう、と君に言われると
なんだかせつない
さようならの後も解けぬ魔法
淡くほろ苦い
The flavor of life

友達でも恋人でもない中間地点で
収穫の日を夢見てる青いフルーツ
あと一歩が踏み出せないせいで
じれったいのなんのってbaby

ありがとう、と君に言われると
なんだかせつない
さようならの後も解けぬ魔法
淡くほろ苦い
The flavor of life”
    
 『Flavor Of Life -Ballad Version-』 宇多田ヒカル



恵比寿ガーデンプレス
人々が行交う中oto・kyo・ritu・gen・suoみんな立ち止まり
まるで視線だけで会話しているようだった・・・
otoが歌いながらモニュメントに近づいていくと4人もそれぞれがモニュメントに近づいていく
最終的に全員がモニュメントによりかかり・・・腰掛・・・思い思いのスタイルで
otoの歌っている姿を優しい眼差しで見守っていた



「花男の場所や!!」



“花男メドレー”


そうJewelからのお祝いの特別メドレー
otoが引いたfanレターは今月アニバーサリーを迎える悠香さんから
お祝いメッセージが欲しいとの内容だった





そして・・・またしても軽快な曲調にかわる
ドローンで撮影されたのであろう
きれいな海に囲まれた島・・・
だんだんと下降していくと砂浜に白のシャツ・デニム姿の5人
otoを真ん中に挟み5人並んで嵐の振付を完コピ・・・



「レア・・・」



“伝えたくて 伝わらなくて 時には素直になれずに
泣いた季節を 越えた僕らは 今とても輝いてるよ

それぞれ描く 幸せのかたちは重なり
今 大きな愛になる
ずっと二人で 生きてゆこう

百年先も 愛を誓うよ 君は僕の全てさ
信じている ただ信じてる 同じ時間(とき)を刻む人へ
どんな君も どんな僕でも ひとつひとつが愛しい
君がいれば 何もいらない きっと幸せにするから”
        『One Love』 嵐


みんなが木の枝を持ち砂浜になにやら線を書き始める・・・
ドローンが上昇を始めしばらくすると砂浜には・・・

“悠香さん
 おめでとー!!”

と描かれていた

「まじか・・・」

そして画面にはENDの文字

その後このDVDがどうなったかは本人のみぞ知る



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「今日だね・・・」

「あっ?何がだ?」

執務室でのほんの一息
いつものカップにいつものコーヒーを飲みながら一休憩中

「何がって・・・あんたねぇ・・・」

司はまったくもってなんのことやらわからないらしい・・・

「ほら!fanサービスのやつよ!!」

「あ~あれか」

「喜んでくれるかな?」

「さぁな。やるだけのことはやったさ
あとは本人の受け取り方次第だろ?
まぁ、大丈夫だろ?」

だいたいありえないのは置いといて・・・
チケットやらライブ後の握手とかだったから
今回初の試みであたし的には本人と直接会わないから
反応が見れなくてよかったのかどうかわからないから
心配なんだけどなぁ・・・

あたしたちの思いが届きますように・・・

悠香さんおめでとうございます!!



fin




こんなに温かくて幸せな彼等に合わせて頂きまして、有難うございます。

『again』シリーズから、ずっとハマって何度も読み返させて頂きました。
素敵なお話を、此れからも拝読させて頂けるのを楽しみにお待ちしています。

アップがバタバタしたりで、申し訳ございませんでした。


読んで頂きまして、有難うございました。






スポンサーサイト



Secret