FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Entries

背徳の女〜調教代理店の御曹司様〜9

ガチャガチャとドアノブを回して、あたしは道明寺から逃れようとするものの。
あたしの身体では、逃げようにも部屋のかってすら分からない。
「無駄な体力は使わない事だな。体力は違う方で使って貰う」
女性ならば抜きん出た美貌と、ヴォイスで腰砕けになる位に堪らないだろう。
あたしは美貌の裏に有る、凶悪犯の餌食はゴメン。
織部君とあたしのマンションで囲んだ小さいテーブルでの会話が脳裏に甦る。
「いやあ・・・助けて・・織部君」
お金持ちでなくても、温かくて小さいながらも、笑い合い支え合う夫婦になりたい・・。
「・・た・・・す・・・け」
あたしは背後から、布を嗅がされて気を失ってしまっていた。
『お前はオレの女だ』
世の女性なら誰もかれもが、道明寺に言われたら両手を上げて受け入れる囁き。
あたしには悪魔以外の何もないを、拒絶しつつ意識を手放していた。



あたしはどの位眠らされてたんだろう。
意識が覚醒してくる、執務室・・にしては背中が痛い・・・。
目を開けばシャンデリアの煌めきが、天井を占拠している。
あたしは腕が動かせない事に驚いた。
拘束されてる、一括りにタイで幾重にも縛られて。
足も布か何かで縛られている。
それもストッキングと下着しか、付けていない。
「何で?何処・・此処は何?」
簡易ベッドか、ビジネスホテルの類いだろうか。
あたしの叫びは不安で、歯がガチガチと鳴る。
ガチャリと不気味な音を立てて、ドアは静かに開いた。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






人気ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア