FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Entries

クリスマスbirthday〜3〜

彼らと過ごした時は、あたしにとっては美しい思い出であり宝物でもあるの。
その反面で言われたくないと言う気持ちが有るのも、一理あるんだ。
つくし「雑誌で何を言うのかは知らないけど、全部を信用してはダメよ」
舞「牧野先輩は英徳出たんですよね。もしかして、知ってたりしますか?」
つくし「記憶無いわよ。英徳は出たけど、普通クラスだったからね」
あたしは彼らと知り合いなんだけど、実際は先輩だったからさ。
りえ「伝説のF4とか、もう会いたかったですよ」
つくし「雲の上みたいな方達だし、全員彼女さんも居るでしょうよねえ」
何年前の話を根掘り葉掘りするんだか。
皆が興味を持つとは、あたしだったら考えたくない。
りえ「あたしも彼女になりたいわよねえ」
つくし「理絵ちゃん。夢うつつになる暇あったら、○○さんの納期調べて有るかしら?」
りえ「へ?あー、忘れてた。牧野先輩、現実に戻りたくないよお」
商品が到着する事を、楽しみにしている客も居るんだ。
あたしは仕事して、お金を頂いてるから。
彼らの話にときめくのは構わないが、仕事とは別の話だよね。
つくし「結局、こんなもんなのよね」
毎日の日々は彼らとの接点等は無い。
昼休みが終われば午後の仕事で、又多忙な時間帯がやってくる。
あたしはひたすら静かな日々を過ごしていた。


休日の今日は、皇居の『乾通り』を見物に行く事へした。
両親が上京して、見に行く事もなかったからだ。
紅葉の有る邸は死ぬ程見て来たが、今は行く用事を作りたくもない。
千恵子「つくし、あんたの結婚は未だかしらねえ」
春男「まあまあ、ママもそんな事」
千恵子「ご近所の皆さんは、もう子供が小学生なのよ。玉の輿も消えちゃったわねえ」
そんな事言われたってねえ・・・・。
あたしに過剰な期待されても困るんだけどな。

つくし「タマ先輩元気なのかなあ・・・」
車の激しい通りを歩きながら、あたしの周りを子供連れの家族や若いカップルが笑顔で通り過ぎている。
コーヒーショップのスタンド席から、紅茶の入ったマグカップの取っ手を摘まむ。
玉の輿狙って、成功するとは限らないんだし。
今は離婚率も高いんだけどね。
一応、付き合ってる人は居るの。
あたしだってね、年相応の女性なんだから。


何でこんな事を力説しなきゃ、ならないのかな。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






人気ブログランキング




(;´゚д゚)ゞ知らないうちに、公開なってました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア