FC2ブログ

道明寺奥の院・龍泉庵

花より男子のブログになります。一部のお話はブロ友様のみの公開です。一部記事にパス掛けてますので、ご了承下さい。

Entries

小っさい恋の物語・・二人だけの誕生日〜24〜

「どうでもいいけど、終わりましたよ」
進のマイペースな解答で、話は振り出しに戻ってしまった。
「あたし・・どうなるんだろうなあ」
「つくしは一緒に通うんだっ」
「どうせ試験はあって無いもんだろうし」
悲喜(一人は対象外だが)こもごもな三人を見ていると、この学園は何か面白そうに感じる進である。
進「姉ちゃん、ダメでもさ。何とかなんじゃないの?」
つかさ「そうだっ、ばばあにいいつけてやるっ」
つくし「そんなのいやだっ」
つかさ「んでだよ。オレがキ・・」
つくし「つかさのバカぁ~」
るい「そこさあ、どうでも良いからいちゃつかないでよ」
進「ウチの姉ちゃん・・・何処が良いのかな?」
つくし「進っ、勉強出来っからって。うるさい」
つかさ「おとうと、つくしはかわいいんだっ」
進「はぁ?五月蝿いし、直ぐに寝ちゃうし。鈍いし呑気だし?」
るい「やっぱりそんな感じした・・・」
つくしは進から暴露される欠点で、ぐぅの根が出ない程息が詰まる。
つくし「どうせ、あたしは鈍くて何処でもねちゃうわよ」
つかさ「つくしはかわいいっ。最初、保健室で見た時からな」
つくしは保健室の一言で、あの事(裸にされて写真を撮られてた事件)を思い出して泣き始めてしまった。
つくし「やっぱり、みた・・・わぁ~ん。つかさみてた・・・いやだっ・・ヒッ・・・エ~ンエ~ン」
つかさ「見てねーよっ。チラとしか、見て・・」
つくし「つかさの・・・バカぁ~っ」
更に泣き出したつくしに、つかさは困り顔しか出来なくなる。
るい「つかさ、最低。そんなのつくしが、傷付くだけだよ」
つかさ「オレはつくし大好きだから良いんだよっ」(良くないだろ?つかさよ)

進は試験が終わって、既に教室からは立ち去っていた。



ガラガラとドアを開ければ、其処には泣く子も黙る『道明寺HD』の女帝でもある楓がヒールを鳴らして入って来た。
楓「試験の結果は如何でしたの?つくしさん」
つくし「おくれたから、失格です」
楓「はぁ?車は普通に間に合ったのではなくて?」
つくし「あたし、きょうしつに行けなくて・・・」
るい「つくしは迷子になってた、オレ寝てたところ起こされたから」
楓「花沢物産の坊っちゃんとも、あろう方が居眠り?」
るい「その前につくしが、道に迷ったのつかさが悪いんだよ」
つかさ「オレが朝起きてチューしたから」
つくし「いゃあ、言わないでよぉ~」
楓「つかさはNYに行って頂こうかしら」
つかさ「オレが行くなら、つくしも一緒だっ」
つくし「なんであたしが行かなきゃいけないの?」
つかさ「オレはつくしと一緒だっ」
余りに不毛なやり取りに、つくしは真っ白になっていた。
その隣でツボに入ったるいは、お腹を抱えてい
る。
つくしが試験を受けられるかは、道明寺親子の話次第であった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




二次小説ランキングへ









スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

悠香

Author:悠香
花より男子の二次を書いています。
CPはつかつくか、総優の二刀流であります。
一部のお話には、パスワードを掛けてあります。
ご了承下さい。

最新記事

フリーエリア